心電図 不整脈 種類

心電図に診る不整脈の種類とは?

不整脈は心電図で確認できます

不整脈は自覚症状として気づきにくいもので、いつ起きるか分らないため、心電図検査をしてもなかなか見つからないことが多いものです。

 

心電図の波形や医師が心音をチェックして不整脈が疑われた時に精密検査が行われます。

 

不整脈の原因はどこにあるのか、しっかり検査をして心臓に病気がないかチェックすることが大事です。

 

スポンサーリンク

 

不整脈の種類によっては心室細動や高度房室ブロック、持続性寝室脈動などの危険な心臓病が突然起きる可能性があります。

 

不整脈は心臓の病気だけでなく、甲状腺の病気など他の病気との合併症も関係していることもあります。

 

実際危険ではない不整脈も多いため、多少の不整脈は問題ないと考えてしまう方も多いようですが、放っておくと突然、心臓の病気が発症することがあるので注意しておく事は必要です。

 

そのため、不整脈が疑われるときは、面倒でも原因が分かるようしっかり精密検査をすることが大事です。

 

ここでは、不整脈を検査する方法、24時間ホルター心電図・心臓カテーテル検査などについてご紹介します。

 

不整脈は安静時・運動時に取るものと日常生活の24時間の心電図を取る方法で検査します。
不整脈を検査する方法は以下の方法があります。

 

12誘導心電図検査

12誘導心電図検査とは、健康診断で行う検査の事です。
ベッドに仰向けに寝て、胸と両手足首に電極を付け12種類の方法で心臓に流れる電流を調べます。

スポンサーリンク

12誘導心電図は、簡単に検査ができますが、計測した時に不整脈などの症状が出ないと分からないと言う弱点があります。
心筋梗塞、心臓肥大などの疾患の初期検査として行われます。

 

運動負荷心電図

運動負荷心電図は、階段の昇り降りや自転車を漕いだ後に心電図を測る検査です。
運動をすると心臓に負荷がかかり不整脈が起こり易くなる事を利用した検査法です。
狭心症などが疑われる場合に運動負荷心電図検査が行われます。

 

マスター2段階法は、階段を一定時間、昇降を繰り返したあとに心電図を図る方法です。

 

エルゴメーター法は、心電図を計測する電極を付けながら自転車のペダルを漕いで不整脈を調べます。
自転車のペダルの重さを段々重くして、心臓に負荷をかけながら異常がないか診断します。

 

トレッドミル検査では、心電図を計測する電極を付けながらベルトコンベアの上を歩いたり、走ったりすることで、心電図を取り不整脈がないかを調べます。

 

24時間心電図・ホルター心電図

24時間心電図・ホルター心電図
最近はもっぱらこの検査法が普及しています。

 

ホルター心電図を付けると睡眠中や食事、トイレなどの日常生活の心電図が取れるため、不整脈の有無を調べるのに非常に有効です。

 

ホルター心電図の検査結果は、検査が終わってから約2週間程度かけてじっくり解析するため、信頼性の高い診断結果が得られます。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

 

スポンサーリンク