不整脈 肥満 対処法 予防法

不整脈と肥満って関係あるの?対処法は?予防法は?

スポンサーリンク

肥満は、見た目の問題だけではなく、さまざまな病気の原因になるということがいわれています。
実際、肥満が原因で起こる病気は少なくなく、健康だけではなく美容面でも忌むべき状態といえます。
そもそも肥満とは、どういう状況をさしているのかというと、正常な状態よりも体重が多いことや、体脂肪が過剰に蓄積されていることをいいます。
肥満はさまざまな病気の危険性が高くなりますが、不整脈の原因ともなってしまいます。

 

肥満になると、内臓脂肪だけでなく、血管内部を通る血液中にまで、脂肪が含まれるようになってしまい、その脂肪が血管内を傷つけるようになり、同時に心臓内にも脂肪が行き渡るようになってしまいます。
脂肪によって心臓の筋肉を硬くし、心臓の動きを弱めることにもなり、結果的に、心臓麻痺や狭心症などが引き起こされて、不整脈になりややすくなってしまいます。
対処法としては、肥満を解消することですが、現在肥満の人が急激に運動を始めると、心臓に負担をかけてしまいますから、適切な肥満の解消ができるように、病院で診察を受けて、プログラムを提案してもらうことが大事です。
スポンサーリンク

突然死をもたらす原因ともなる狭心症ですが、その原因には、動脈硬化が大きく影響しています。
中でも肥満は、皮下組織や内臓脂肪だけではなく、血液にも脂肪が多くなっている状態ですから、血中にコレステロールや中性脂肪がふえると、高脂血症の原因となり、やがて動脈硬化を引き起こしてしまいます。
心臓疾患の主な症状としては、動悸やめまい、胸痛、息切れ、むくみ、手足の冷え、呼吸困難などがあり、発症するまえに隠れた時期がありますから、この時期に適切な治療を行うことが大事です。

 

不整脈の原因は、心臓疾患だけではなく、高血圧や肺に疾患のある人なども不整脈がでやすい傾向があります。
また、このような病気とは関係なく、加齢や体質、ストレスなどの蓄積、睡眠不足などが原因になることもあります。
不整脈が起こるメカニズムは、心臓の筋肉は、電気信号によって規則正しく収縮と弛緩を繰り返し、血液を送り出していますが、何らかの異常によって、電気信号に乱れが生じると、心臓の拍動のリズムが一時的に不規則になります。
予防法としては、規則正しい生活を送り、睡眠時間を確保することが大事です。
また、肥満を解消するためにも、食生活を改善し、砂糖やアルコール、動物性油脂の摂りすぎに注意し、ストレスを発散させることが大切です。

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク