不整脈 生命保険

不整脈を告知した場合の生命保険について

スポンサーリンク

 

そもそも生命保険というのは加入者同士でお金を出し合いプールしておき万が一加入者の誰かが死亡したり入院したりした場合にそのプールしておいたお金を当てて治療費などにするというシステムであり、相互扶助制度とされています。

 

そのため、生命保険に加入する場合に不整脈だった場合には加入することは可能なのでしょうか。

 

もし、仮に自分が脈が安定しない不整脈だった場合に告知義務はあるのか、あるいは保険料の割り増しがあるのか、または告知違反が生じたらどうなるのかについて考えてみましょう。

 

生命保険に加入するということは保険会社との間で正式な契約を結ぶということであり、もしうそをついてたり病気にかかっているのにかかっていないと申告した場合には契約は解除され保険金や給付金は支払われなくなりますがほとんどの場合罰金が発生するようなことはないとされています。

 

多くの保険会社は、加入する前に今までの病歴や職種、健康状態などを保険会社が指定した医師に説明を求めるようにしてくるのが一般的です。

 

保険契約の際の告知項目としては、3か月以内に医師の診断を受けたか、2年以内の健康診断人間ドックの結果に異常はないか、5年以内に7日以上の治療はないか、障害の有無などを告知項目として挙げてくる保険会社が多いとされています。
スポンサーリンク

不整脈の場合、いくつかの種類があり治療が必ず必要な場合やそうでない場合とがあるので一概に病気であるから告知しなければいけないということはありませんが、ただ住宅ローンの団体信用生命保険の場合、不整脈において治療や投薬の経験があるかどうか問われることがありますので契約を解除されないようにするためにも後々面倒なことにならないようにするためにもしっかりと告知をしておくのが良いと言えるでしょう。

 

では、おすすめの生命保険はあるのでしょうか。

 

糖尿病や高血圧症、痛風など完治することなく一生その病気と付き合っていく必要がある場合には加入することは難しいと言えますが、ペースメーカーを装着すれば正常な脈を打つことが可能になるので加入できる場合があるとされています。

 

告知項目を限定することで加入条件が緩くなるとされる引き受け基準緩和型の保険や加入するにあたって保険会社が申告する健康状態が少ない限定告知型保険、その他には保険に加入する人の健康状態や職業などいろいろなことを考慮した上で一定の基準をもとに選択する無選択型などがあります。

 

不整脈であっても加入できる保険はありますので、この再保険の見直しを考えてみるのも良いでしょう。

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク