不整脈 動悸 漢方

不整脈や動悸に効く漢方がありますか?

スポンサーリンク

 心臓は人間だけではなく、大体の動物類の生命活動において必須といえる存在です。
 その心臓は実は筋肉で作られています。心臓の持つ役割は、1分間あたりに50回から100回前後収縮することで身体中に血液を送り出すポンプのような役割があります。心臓は健康な人の場合には常に止まることなく動いています。ただ、心臓は頭で考えて動かしているというわけではありません。勝手に動き続けるという性質を持ちます。 
 心臓が勝手に動く理由としては、心臓のある部分の右の少し上あたりには胴結節という部分が存在します。その胴結節からはごく弱い電気を発することが分かっています。
 胴結節から発した電気が心臓の中を流れることによって、その電気に反応して心臓が収縮するという仕組みとなっています。胴結節は心臓を機能させるための供給源といえる存在であり、生命維持に必要不可欠な存在となっています。
 基本的には、心臓は1分間あたりに50回から100回前後の数を正しくリズムを刻みながら鼓動を刻んでいます。興奮したときには心拍数などはあがりますが、収まってくると心拍数はゆっくりと元の数値に戻っていきます。
 しかし、胴結節から発する電気信号がなんらかの原因で乱れてしまった場合には心臓の鼓動が不規則となりその結果様々な症状を引き起こします。こうした状態を総称して不整脈と呼びます。
 症状については、まず脈が飛んだような感じを訴える場合が多いです。それから通常の状態であれば心臓が動いているということを特に意識しなくてすみますが、心拍数が速くなる事で胸がドキドキしてしまい不快に感じることがあります。こうした症状を動悸と呼びます。これらの症状が見られるときの心拍数は100を大きく超え150以上になることもあります。
 逆に、心拍数が低下したり脈が遅くなってしまう場合も考えられます。そうした場合に考えられる症状としては脳や体の血液の巡りが滞りがちになってしまいます。その結果として全身の倦怠感やめまい、ふらつきなどの諸症状がでます。またひどくなると失神してしまうこともあります。
 最悪の場合には死に至る危険性もないわけではありません。
スポンサーリンク

 しかし、もしも不整脈になっていたとしても自覚症状がないという場合もあります。健康診断を受けることによって発覚する場合も充分に考えられます。
 不整脈を見つけるにあたってはできれば定期検査を行うことが求められます。早期発見をすれば、対策もとりやすく充分に改善することも可能です。
 原因については、まず別の心臓病の病気が隠れている場合が考えられます。
 この場合は精密検査を受けるようにすることが第一です。次にカフェインを取りすぎると不整脈になることも充分考えられますので、カフェインの過剰摂取には充分注意しておくようにします。
 治療法としては、脈が速くなる場合においては治療薬を使用することで改善できます。
 漢方薬を使用する方法もその一つです。例えば柴胡桂枝乾姜湯という漢方薬は、動悸・不整脈の他に不安感が強い場合や肝機能障害などの治療にも使用されます。
 漢方薬は劇的に不整脈を改善することができるという薬ではありません。ただ、ある程度の期間服用し続けることで症状を確実に減らすことは可能です。自律神経や血流を良くすることが出来ますので服用しているうちに個人差はありますが体質を強化することができます。
 逆に脈が遅くなってしまう場合においては、場合によっては手術をしてペースメーカーと呼ばれる機械を埋め込むことで心臓の働きをサポートさせるようにします。昔はペースメーカーを埋め込む手術はかなり大掛かりなものでしたが、現在は医療技術が発達したおかげでそこまで大変でもなくなりました。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク