有機ヨード 不整脈

有機ヨードは不整脈に有効なの?

スポンサーリンク

抗がんサプリなどで使用される有機ヨードは、非常に歴史が古く、大正7〜8年、薬学の大家である牧野民蔵、千代蔵先生が薬効について研究し、製造を可能にしたのが始まりです。

 

ヨードとは人体構成上必要なヨウ素で、発達や成長を促す甲状腺ホルモンに必要不可欠とされ、体内では生成されず食事から摂取することになります。

 

当初は結核の治療薬として開発されたものですが、放射性物質の内部被ばくを低減させる働きがあることから、放射線被ばく障害の治療薬として広島、長崎で大いに役立ったという経緯を持ちます。
ただ、この際に使用するものは無機ヨードで、本来なら無機性から有機性に変換すれば良いのですが、簡単に行うことができません。

 

そのため、最初から有機性ヨードを生成し、甲状腺ホルモンを活発化させて新陳代謝を向上させるようにしています。

 

結果的にがん細胞に有効とされ、現在は抗がん用のサプリメントとして活用されています。
しかし、有機ヨードはがん予防だけには留まらず、甲状腺ホルモンを活発にすることで様々な効果を生むようになっています。
歴史が古いため多くの患者に投与し、顕著な効果を発揮した事例が多く報告されています。

 

主に高血圧、動脈硬化、白血病、喘息、糖尿病、肝機能障害、痴呆といった症状に有効であったとされます。

 

有機ヨードは血液中のブドウ糖や中性脂肪の分解酵素の働きを活発にする作用があり、活性酸素と結合することで、そのまま体外に排出して毒素を抜き出します。
スポンサーリンク

この働きによって血管年齢を取りもどし、しなやかさや強さを復活させると共に、血液をさらさらにすることで血栓や動脈硬化、不整脈といった症状の予防に働くとされます。

 

活性酸素の除去作用があることからアンチエイジングにも効果が期待でき、健康だけでなく美容にも役立つと考えられています。

 

こうしたメリットの多いものほど、副作用が気になるものですが、有機ヨードには人体に悪影響を及ぼすような要素はなく、特に困るような副作用は確認されていません。

 

そもそもサプリメントで摂取できるので、健康食品というカテゴリにあり、十分な安全性があると言えます。
手軽に摂取することができ、血流が改善されて体温が上がることはあっても、副作用が起こる心配はないので安心できます。

 

ちなみに、抗がんサプリとしての効果はあくまで理論上のもので、確実性はないので注意しましょう。
そのため、他の症状に対しても有効性はありますが、確実に予防できるというものではないため、飲んだから病気がなくなるというわけではないことを理解しておきましょう。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク