DHA 不整脈

DHAと不整脈の関係について調べる

スポンサーリンク

不整脈といった症状を訴える方は多いと言えます。不整脈とは、突発的に胸がドキドキと動悸が始まるなどといった症状の事であり、多くの方が経験した事がある症状のひとつであると言えます。

 

そしてあまり知られてはいませんが、この不整脈にはいくつかの種類に分かれており、それによっては直接心臓に何らかの疾患がある為に起きているものではないといった場合もあると言えます。

 

まず私たちの身体の中で打っている脈ですが、これは心臓から血液が送られる際に起きる拍動といったものが、血管を伝わってきたものの事を指します。元々、心臓は筋肉で覆われており、それが電気信号により収縮するといった具合です。
そしてその収縮の際に必要となる電気信号に、何らかの異常が生じる事により拍動にも乱れが生じる事へと繋がります。そしてその乱れが不整脈となるのです。

 

この乱れが起きてしまう原因には様々なものあると言われていますが、心筋梗塞や狭心症といった心臓にまつわる病気を患っている場合に発症しやすい傾向があると言われています。その為、この症状が出る事で心臓に何かしらの異常があるのではと心配する方も多いのだと言えます。

 

しかし、その一方で、それ以外の理由でもこの症状を発症する事が多々あり、例えば体質的なものやストレスを始め、睡眠不足、更には加齢などといった理由でもこの症状が現れる事があると言えます。

 

心臓からの疾患から来るものなのか、そうでないものなのかを見極める方法としては、症状が現れた際に胸の痛み、または不快感などが現れたかどうかがひとつの基準となると言えます。この場合には、医療機関にて専門医の診断を仰ぐ事が必要になると言えます。
スポンサーリンク

この様に様々な要因から起こる不整脈ですが、実は予防する事も可能だと言えます。

 

DHAの効能とは?

 

具体的には食生活を見直す事により、心臓への負担を軽減する事へと繋がると言えます。特に魚などに多く含まれている成分である、DHAには、血液の状態をサラサラにするといった作用があり、これが症状を抑制する事に効果的であるとされています。

 

特に心室細動といった、症状が現れた際に、極めて生命の維持に関わるものへの働きを見せるといった効果が近年の研究により明らかにされました。
その為にも、積極的にDHAを摂取する事が推奨されていると言えます。

 

そして現在では、食事以外の方法でも、サプリメントなどを通して同成分を摂取する事も可能であり、より手軽に摂取する事が出来るのだと言えます。

 

意識して積極的にDHAを摂取することは、それ以外にも効用があります。

 

DHAは必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸(以下 オメガ3)のひとつで不飽和脂肪酸に分類されます。オメガ3は魚油(マグロやサバ、サケなどの青魚)や植物油(亜麻仁油やえごま油など)に多く含まれ、生活習慣病を予防すると考えられています。

 

DHAが日本で話題になったのは「頭がよくなるDHA」としてマスコミに取り上げられたのが最初でした。
一時的な流行ではなく、継続してサプリメントの市場から消えてしまわない理由はその効果が徐々に明らかになっているからです。

 

血管病全般、認知症、アレルギーなど様々な分野での効能が解明されています。
積極的に摂取する価値は十分あるのがDHAです。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク