狭心症 不整脈

狭心症や不整脈にならないための身体になる

スポンサーリンク

狭心症や不整脈といった心臓の病気は、主に血液の流れが悪くなってしまっていることが主な原因とも言えます。

 

血液の流れが悪くなってしまうと、血管が硬くなってしまう動脈硬化や血管の内部に脂肪などがついてしまい流れを阻害してしまう血栓などができてしまうからです。
血液の流れが悪くなると血液を心臓ががんばって送り出そうとするので強い圧力が必要になり高血圧といった症状になってしまいます。

 

こういった心臓に負担がかかっている状態が続くと心臓に必要な酸素や栄養が十分に届かなくなってしまい、心臓の筋肉が弱ってしまうなどの障害が起きやすくなってしまうのです。
さらに強いストレスを感じた時や急に運動をした時など、心臓が激しく鼓動した時に血液が足りなくなってしまい痛みや圧迫感を感じてしまうのが狭心症や心筋梗塞といった、虚血性心疾患という症状です。

 

特に狭心症と心筋梗塞は心臓にある血管が詰まってしまったり狭まったしまうことで起こるので、心臓の働きが極端に悪くなってしまい場合によっては胃日にかかわる可能性があるので日頃からの注意が必要です。

 

不整脈も心臓に異常がある場合に起こることが多く、急に心拍が早くなったり逆に遅くなったりする症状がある場合は脳梗塞などの原因になるなど深刻な場合もあるので病院で診察するなどの必要があります。
スポンサーリンク

またこれらの病気は生活習慣に大きく関係してきますので、日頃の食生活や運動習慣などを見直すことで予防や改善につなげることができます。

 

もしも普段から胸に痛みを感じたり、少し動いただけで息切れをする場合や動悸を感じることがあるのであれば一度検査等をすることをお勧めします。
生活習慣を改善するには、まず適度な運動をすることが身体にとって良い影響を与えてくれます。ウォーキングは関節などにも負担がかからないうえに、心臓など心肺機能にも大きな負担をかけないでできる有酸素運動です。

 

身体を動かすことで代謝をよくすることができ、代謝がよくなれば血液の流れも改善することができ、心臓への負担をやわらげてくれる効果を期待することができます。
また熱いお風呂を避けたり、ストレスを発散することも心臓の負担を減らす効果があります。

 

食事のバランスも重要で、塩分を控えたり規則正しい時間に食べる食事は生活習慣病を予防して改善してくれる効果がり、血液の状態がよくなれば心臓病の予防や改善につながります。
睡眠不足やたばこ、アルコールなどにも気をつけましょう。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク