不整脈 症状 息苦しい

不整脈の症状かも知れない、息苦しい場合の対処法

スポンサーリンク

不整脈が起きると、心臓から血液がテンポよく流れず動悸・息苦しい・めまいといった症状が出ることがあります。また、不整脈は無症状の場合も多く、動悸・息苦しい・めまいがあるときは不整脈がないか心電図にて確認する必要があります。ただ不整脈が常時起こることは少ないため、24時間計測可能な携帯型の心電図、ホルスター式心電図計を付けながら計測し、後で不整脈を調べる方法があります。健康診断などで見つかる不整脈はほとんどが問題ないものが多いのですが、中には危険な不整脈もありますので注意しておく必要はあります。危険な不整脈の場合は、心臓から血液がスムーズに送られない、心拍が異常になるサインでもあり、脳梗塞、心不全、心室細動、心房粗動などの重大な心臓病に繋がることもあります。危険な不整脈があるようなら、薬物治療や手術などで早めに心臓病のリスクを減らすことができるので、早めに対処する事が必要です。また、動悸や息苦しさを感じていると、その事が不安になりさらに動悸や息苦しさが加速するようになる心因性のものもありますので知って置いた方が良いでしょう。
不整脈で動悸・息苦しい・めまいの症状が起きるものは?
※期外収縮(きがい・しゅうしゅく)
不整脈で最も多いのが「期外収縮」と呼ぶ不整脈です。期外収縮は、心臓からの脈のタイミングがズレるのが特徴です。いつもは、は一定のリズムで刻んでいる脈が、飛んだり、間に小さい脈が入ってリズムが一定でなくなります。
スポンサーリンク

自覚症状としては、一瞬脈がドキンと感じたり、脈が飛んだ感じがすることもあります。ほとんどの方は無症状の場合が多いです。期外収縮の多くは、心臓に問題ないことが多く、そのまま生活していても問題ありません。しかし、発生のタイミングや頻度が多いと危険な状態になることもあります。
※頻脈性不整脈(ひんみゃくせい・ふせいみゃく)
頻脈性不整脈とは、心拍数が健康な基準を超えて、心臓の拍動に異常が出る不整脈です。心臓を拍動させる電気信号が、異常に早く出続けたり、1回の電気信号が上手く消えずに意図しないタイミングで心臓が動いてしまうことで不整脈になります。運動したり緊張したりすると心拍数は、早くなります。問題になるのは、脈が早い状態が続いて動悸、息苦しさ、めまいが治まらない時です。頻脈性不整脈は、無症状の場合もあり、心電図検査をしないと不整脈かどうか分からないことが多いです。気になる方は早めに病院での検査をおすすめします。
※徐脈性不整脈(じょみゃくせい・ふせいみゃく)
徐脈性不整脈は、心拍数が1分間に50回未満になる不整脈です。心臓を動かすための電気信号が上手く出ないことや、電気信号が心臓内に上手く伝わらないことが原因で発症します。徐脈性不整脈は心臓から送り出される血液が少ないせいで、息苦しさやだるさなどを感じます。ひどい場合はめまい・失神を起こします。また、3秒以上心停止すると、脳の血流が不足しめまい・失神することがあります。徐脈性不整脈だけでは、危険な状態になることは少ないですが、失神した時に怪我をする可能性もあります。症状がひどい場合はペースメーカーも検討に入れます。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク