狭心症 不整脈

狭心症、不整脈になる原因

 

心臓は臓器の中で最も重要な臓器の一つと言えます。
生まれてから休むことなく働き続ける臓器であり、人間の生命活動の中枢を担っています。

 

スポンサーリンク

 

心臓が止まってしまえば、人は死を迎えることになります。
心臓の病気にはさまざまなものがあります。
心筋梗塞や心不全、狭心症や不整脈、動脈瘤や心肥大などなど数え上げればきりがありません。

 

どの心臓の病気になったしても、健康に生活を続けていく為には、その病気をそのままにしておくわけにはいきません。
また、軽い症状のうちにその変化に気付くことも大切です。

 

心臓に関わる病気も、重篤な状態になる前に何かしらのサインを出していることが少なくないのです。
不整脈もそのサインになる場合があります。

 

自ら異変を感じたら早めに検査を受ける必要があります。
早期の発見や治療は健康な体を取り戻すためにも大切なのです。

 

心臓は1分間に50回〜100回程度筋肉を収縮させて、全身に血液を送る働きをしています。
この一定間隔の同じリズムで拍動している心臓のリズムが、何かの原因でリズムが乱れてしまう症状が不整脈と呼ばれるものです。
スポンサーリンク

またこの心臓の打つリズムが、1分間に50回未満あるいは100回以上の動きになっている症状も含まれます。
脈が速ければ胸がドキドキしたり圧迫感を感じる症状が出る時もあります。
脈が遅くなれば、全身に送られる血液が少ないため、めまいやふらつきを感じることもあります。

 

無自覚の場合もあり、健康に自信がある人でも、自分で脈をとってみると不整脈に気付くこともあります。
不整脈の起こる原因として、老化が挙げられます。

 

その他に脱水が原因で起こるものや体調を崩して全身状態が不安定な時にも不整脈は起こります。
特に治療が必要ないものもありますが、心筋梗塞や心不全、狭心症などの心臓病が原因で起こる場合もある為、原因解明のための検査と治療が必要なものなのかをきちんと確認する事が重要です。
狭心症は心臓病の部類としても軽度の部類になり、その症状を訴える人や自覚のある人は少なくないのです。

 

発作的に胸の痛みを感じたり、締め付けられる、胸に圧迫感を感じるなどの症状があります。
しかしながら、少し我慢をすれば大丈夫とそのままにしておくと命にも関わる心筋梗塞などを引き起こす可能性があるので、そのサインを見逃さずに治療を行うことが大切です。

 

狭心症は、心臓に送られる血液の量が減少して心臓が貧血を起こしている症状です。
冠動脈が狭窄して血管が狭くなり、血液が流れにくくなるために心臓に送り込まれる血液が少なくなり貧血を起こすのです。

 

血管狭窄は、コレステロール過多や高血圧、高脂血症などによる動脈硬化が原因として挙げられます。
予防するためには、生活習慣の改善も大切です。
これらは病気のサインとなることもあるので、症状が何度も起こるようなら精密検査を受ける必要があります。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク