不整脈 症状 原因 対処法

スポンサーリンク

心臓はそのほとんどの部分が筋肉でできており、厚さは1cmほどです。

 

1日10万回もの鼓動を繰り返して、全身へ血液を送るポンプの役割を果たしています。

 

血液を送るための血管は冠動脈と呼ばれますが、

 

その血管が動脈硬化によって血流障害を起こし、

 

血液が正常に流れない状態が「虚血性心疾患」なのです。

 

虚血性心疾患は大きく分けて、「心筋梗塞」と「狭心症」があります。

 

 

心筋梗塞と狭心症

 

心筋梗塞
心筋梗塞とは、冠動脈が完全に詰まってしまうことにより、

 

心臓の筋肉への血流が行かなくなってしまった状態です。

 

心臓の筋肉は血液が滞ると壊死してしまいます。

 

そして、ポンプの役割が果たせなくなってしまい、

 

最悪の場合、命を落とすこともあります。

 

症状としては、今までに経験したことのないような胸の激痛が襲います。

 

基本的に心臓の筋肉は、一度壊死してしまうと再生しません。

 

そのため、治療が上手く行っても後遺症が残る場合があります。

 

狭心症
狭心症とは、血管が狭くなることで血流が滞る状態です。

 

運動を行ったときなど、心臓に一定以上の負担をかけると胸の違和感や圧迫感、痛みが生じることがあります。

 

また、症状として首回り、あご周辺、肩などに痛みが出る場合もあります。

 

狭心症の場合、心臓の筋肉が壊死に至らないため、

 

心臓の機能は損なわずに治療することが可能です。
スポンサーリンク

虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)の原因と危険因子
虚血性心疾患の原因のほとんどは、動脈硬化による血流障害です。

 

危険因子は糖尿病、肥満、コレステロール、高血圧、喫煙などとなります。

 

男性に多くみられ、40代初めから発病が増加します。

 

女性の場合は、女性ホルモンが動脈硬化に対して予防効果があるため、

 

比較的若い女性の発病は少なく、女性ホルモンが減少する閉経後から増え始めます。

 

虚血性心疾患の予防
虚血性心疾患は、危険因子を取り除くことで、

 

ある程度予防ができます。

 

喫煙、食生活、ストレスなど動脈硬化につながる生活習慣を見直し、改善することが大切です。

 

また、虚血性心疾患になってしまった場合も、カテーテルを入れて治療終了ではありません。

 

心臓の血管だけでなく、全身の血管に対して動脈硬化への予防が必要なのです。

 

普段から不整脈がある人は、虚血性心疾患のリスクがあることを理解して、

 

生活習慣を見直し、改善する努力がより大事になります。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク