不整脈 期外収縮 マグネシウム

不整脈における期外収縮とマグネシウムの関係について

スポンサーリンク

不整脈と期外収縮とマグネシウムの関係って?
不整脈は放っておくと心臓の病気にまで至ってしまうことがあります。日頃の生活において食事の献立を工夫したり、サプリメントなどを利用して予防しておくようにしたいものです。
食事療法をするにしてもサプリメントを使うにしても不整脈というものをよく知る必要があります。
どういったことが要因となって不整脈が発現するのかというメカニズムとプロセスを認識することが大切だと考えます。

 

不整脈の多くのケースは期外収縮が心臓で発生してしまうことが原因と考えられています。 期外収縮とは、 心臓を動かすための脳からのシグナルが心室や心房接合部など通常ではキャッチされてはいけない部分でキャッチされてしまうことが原因で、心拍数や心拍のリズムをおかしくしてしまうことになり脈が飛んだりしてしまう状態 のことを言います。

 

期外収縮の予防に効果的なのがマグネシウムだということです。

 

マグネシウムには心拍数や心拍のリズムを一定に保たせる働きがあります。 そういう理由でマグネシウムをたくさん摂取したいところです。しかしながら、マグネシウムを多く含有する食べ物は 、大豆製品、魚介類、海藻、ナッツ類 などが挙げられますが、その食品でマグネシュウムを予防や改善させるほどの量を摂取するのは困難です。
その解決策として、サプリメントを利用してマグネシウムを摂取するのが効果的になります。
スポンサーリンク

そもそも、マグネシウムって何?
マグネシウムは主に骨や歯の作るのにに必要な栄養素になります。大人の体の中には20〜28gほど含まれています。カルシウムやリンと影響しあって、ともに骨をつくっているミネラルになります。 

 

働きとしては、カルシウムではそのほとんどの成分が骨にあって骨が貯蔵庫の役割をしていることは皆さんご存知だと思いますが、マグネシウムも50〜60%が骨に含まれていて、不足すると骨から遊離して、神経の興奮を抑えたり、エネルギーをつくる助けや、血圧の維持などの重要な働きに利用されます。

 

そして不整脈に関しては、心拍を一定に保つ効果があり、高血圧、心臓血管の疾患、糖尿病などといった病気の予防にも役立ちます。他にもシナプスの機能を高め老化で低下する記憶力の低下抑止にも効果があるます。

 

実際の食事だけでは、マグネシウムは不足しがちになります。食事で摂る分には多量摂取になることはまずありませんが、サプリメントでの多量摂取は胃腸障害につながるリスクがあります。マグネシウムが過剰摂取になってしまうと、下痢や高マグネシウム血症を引き起こしてしまうことがあります。

 

男性のマグネシウム1日推奨摂取量は370mgで、女性は280mgくらいだと言われています。 実際の一般的な食事で、1日でどれくらいのマグネシウムが食事から取れているか言うと、男性の場合170mgくらいだそうです。女性の場合は150mg以下になるでしょう。不足している分は、サプリメントを活用するのもありでしょう。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク