不整脈 失神 対処

不整脈により失神した場合の対処について

スポンサーリンク

 

失神ってどうして起こるの?
失神発作とは、血管運動神経の調節障害によって起こるもので、ごく短時間意識を失うものです。一般的に、緊張時、精神的興奮時、ショック時、また急激な姿勢の変化、長時間の起立などによって血圧が下がることによって起こります。主に自律神経調節の障害が原因ですが、中枢神経系、末梢神経系の障害、心臓の障害などによっても起こる場合があります。
心臓が原因となる場合には、大動脈弁狭窄症と不整脈が原因となります。特に不整脈による失神発作は突然死を招く可能性が高いため、要注意です。

 

失神と不整脈の関係
不整脈には危険な不整脈と、放置しても大丈夫な不整脈があります。失神めまいも、不整脈が原因の場合には、脳への血行途絶時間が長いか短いかの問題で、同じ症状と理解して良いでしょう。

 

徐脈性不整脈と頻拍性不整脈
失神発作を引き起こす原因となる不整脈は、大きく分けて、徐脈性不整脈頻拍性不整脈があります。
失神発作を起こす徐脈性不整脈には、洞房ブロック、心房停止、徐脈頻脈症候群、U度モービッツ型房室ブロックがあります。徐脈性の場合、脈が非常に遅くなり、脳への血流が十分に保つことができなくなるため、脳貧血になるのがその原因です。急に目の前が暗くなった、気が遠くなるような感じだった、突然フワーとして倒れた、ふらつく感じがした、などは全て脳貧血の症状です。これらの徐脈性不整脈の場合、人工ペースメーカーの植え込み術により何の不安もなく日常生活に戻ることができます。
スポンサーリンク

頻拍性不整脈の場合、脈が速くなり一回の血液流出量が低下して血圧も低くなるため、脳に血液が十分届かずに失神発作を起こすものです。めまいや失神の前兆として動悸や頻脈の自覚症状がある場合が多く、診断の決めてになります。
失神発作を起こす頻拍性不整脈は、直接、突然死につながる心房細動や心室頻拍のほかに、上室性頻拍、さらに心室応答性の高い心房細動、WPW症候群の心房細動による偽心室頻拍など、上室性および心室性不整脈の両方が含まれます。これらの治療は、その症状により様々です。薬による治療のほか、カテーテルによる焼灼術、特殊なペースメーカーの植え込みによる治療などができます。これらの治療によりかなり不整脈による突然死が減少してきています。

 

徐脈による不整脈は要注意です。
徐脈性不整脈による失神症状は何の前触れもなく、突然意識を奪われることになり、その時々の状況によって失神だけでなく生命の危険に陥ることもあります。
考えられるリスクとしては、入浴中に失神症状を起こすこと、溺れてしまうか、転倒して命を落とすことも考えられます。また、運転している最中でも失神症状が突然訪れることも考えられ、運転している本人だけでなく、周囲の人も危険にさらす重大な事故に発展する可能性もあります。突然、何の前触れもなく意識が失われる徐脈による失神症状は、日常生活の何気ないことが生命の危険に直結する危険へと変えてしまう可能性があります。
本人だけでなく、周囲の人も突然意識が失くなり、倒れることがあると言うことを念頭に気を配ることが大切です。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク