不整脈 アブレーション 再発

不整脈、アブレーション後の再発について

スポンサーリンク

カテーテルアブレーションは比較的、成功確率の高い治療法ですが、それでも再発する事があります。
また、担当医の経験などにより結果を左右される部分も大きいのは事実です。
カテーテルアブレーション後の確認として再発を見逃さないための心電図検査を行います。
カテーテルアブレーションを行ったからと言って直ぐに不整脈が出なくなる訳ではありません。カテーテルアブレーション後2ヵ月はやけどによる炎症で心房細動がでやすい状態ですが、その多くは時間の経過とともにでなくなります。
術後3ヵ月をすぎても心房細動がでる場合に再発と考えます。しかし、もともと無症状の方が多いため再発を見落としてしまうことがあります。
ホルター心電図をつけて調べている病院が多いようです。
また、病院によっては、1週間の心電図検査を定期的に行い、症状のない心房細動までもでなくなったか見落としをしないように徹底的に調べているところもあるようですので、病院を選ぶ際の参考にして下さい。
1週間の検査期間は長いですが、お風呂にも入れますし運動もできますので安心して日常生活を送ることが出来ます。従来の検査に比べ3〜4倍の確率で再発を捉えることができるようです。
スポンサーリンク

カテーテルアブレーションとは
カテーテルアブレーションとは、不整脈を引き起こす異常な心臓内の局所にカテーテルを使用して焼灼を行い正常な心拍のリズムを取り戻す方法です。
正式には経皮的カテーテル心筋焼灼術と呼ばれ、カテーテル手術の一つに分類されます。
手術方法としては?
心房細動は、心臓の左心房という部位に入ってくる4本の肺静脈という血管から余計な刺激が発生することで引き起こされます。 カテーテルアブレーションは、左心房と肺静脈の間に電気を流しやけどをつくることで、肺静脈から発生する刺激を心房に伝わらなくするための治療です。心臓の一部に故意にやけどを作り、心房細動を根治するのがねらいです。
一回の通電で3mm程度のやけどを呼吸や心拍で動いている心臓に隙間なく作っていかなければならないため、とても高度な技術が必要となります。なお、入院期間は2泊3日、術後は1〜2週間の安静が必要になります。
再発の可能性としては10〜20%はありますが、それでも、カテーテルアブレーションを繰り返すうちに根治する方が多いようです。
医師選びも非常に重要な治療法です。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク