不整脈 心房細動 心室細動 違い

不整脈で心房細動と心室細動は違いますか?

スポンサーリンク

心房細動と心室細動は違い
心房細動と心室細動はその危険度合いからして違います。
細動というのは、心室または心房が全体として一度に興奮するのではなく、部分、部分がバラバラに勝手に興奮する状態の事ですが、このとき、心室または心房は血液を送り出す機能を失っている状態です。心房が血液を送り出す働きを失っても、心臓の血液拍出は保たれますが、心室がこの働きを失うと心臓停止の状態となります。つまり、心室細動は心臓停止と同じことであり、心室細動になった場合は生きているはずはないのです。
一方、心房細動という不整脈は、動悸やふらつき、時には失神までも引き起こす事がありますが、まったく自覚症状のないことも多く、心房細動だけでは必ずしも生命に関わるような危険な不整脈ではありません。しかし、もともと心臓に病気をもっている方(心筋梗塞を起こしたことがある方、心肥大と診断されている方など)の場合は、息切れや疲れやすさなど心不全症状の原因となることがあります。
心房細動とは?
心房細動で深刻な問題となるのは、心臓の内部(特に左心房)に血の固まり(血栓)ができ、それがあるとき突然はがれて脳動脈に流れ込み、脳梗塞(心原性脳塞栓症)が引き起こされる事です。
心臓は全身に血液を送り出すポンプの役割をしていますが、その心拍は電気によって制御されています。
スポンサーリンク

その電気信号を身体の外から記録できるようにしたものが心電図です。正常の脈(洞調律)はペースメーカの役割をなす洞房結節から一定のリズムで電気信号が送りだされ、それが心房を伝わり、中継地点である房室結節を通って心室に伝わっていきます。ですから、本来の電気の流れは上(心房)から下(心室)への 一方通行で、しかもその流れのみで落ち着いています。
しかし、心房細動とは心房のなかで電気の流れが完全に乱れている状態で、例えるなら一方通行の道に逆走して来た車が入ってきてパニックを起こしている状態です。
心室細動とは?
心室細動が起こっている場合、心室の筋肉では無秩序で不規則な電気的興奮をしています。この無秩序な電気的興奮が自然に治まり、心室細動が止む事はほとんどありません。
胸部から直流電気ショック通電を行うと心室細動が治まります。これを直流通電除細動(じょさいどう)と言いますが、心室細動に対する最も確実な治療法になります。
心室細動が引き起こされてから時間が経てば経つほどほど、除細動の効果は減少します。その上、あるていどの時間が経ってしまえば、除細動が成功したとしても脳に酸素が供給されなかった時間が長くなり、低酸素脳症(ていさんそのうしょう)の後遺症が残る可能性が高くなってしまいます。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク