不整脈 薬 納豆

不整脈と薬と納豆の関係って?納豆が食べられなくなる疾患とは?

スポンサーリンク

一日一回は納豆を食べないと気が済まないとか、朝食で納豆が食べれないと調子が出ないと言う人は、日本人の場合多いはずです。私の周りにも結構いますから、あながち間違ってはいないでしょう。
ところが、ある種の不整脈では、その納豆が食べれなくなる可能性もあるんです。納豆好きには是非知って欲しいお話です。
納豆が身体に良い理由って?
昔から納豆は身体に良いと言われています。植物由来の良質のタンパク質が含まれていることもありますが、近年、注目される様になったのは、「ナットウキナーゼ」という血液の固まりを溶かす成分が含まれていることです。死亡率の高い脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす血栓を溶かす作用があると言う事です。口から摂り入れた酵素が、分解されずに吸収されて血栓予防が出来るかどうかについては、物実験などではそのような効果がある事が分ってますが、人体についてはまだはっきりしてないようですが、それ以外にも、納豆の原料である大豆に多く含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造をしていることから、エストロゲンと似た働きをする事が分っています。その働きとは、免疫力を高め乳がんなどの予防に効果的だと言う事です。
スポンサーリンク

納豆が食べれなくなる疾患とは?
納豆は、ビタミンKというビタミンを大量に含んでいます。ビタミンKは皮膚や血管が傷ついた場合に、その傷を素早く治すための血糊タンパク質を作るのに必要なビタミンです。簡単に言うと血を固まりやすくしていることになります。ですのでビタミンKがなくなると、小さな打撲でも大きな内出血を起こしたり、内臓や脳などで出血を起こした場合、生死の関わる状況になる場合もあります。 
しかし、その働きが、血が固まりやすい患者さんには逆効果になってしまいます。
血が固まりやすい(固まると致命的な)疾患とは、心房細動心臓弁膜症心臓のポンプ機能が落ちている人糖尿病高血圧脳梗塞を持つ方たちです。
納豆と相反する薬とは?
血液が固まり易くなると致命的な疾患にはワーファリンと呼ばれる薬が使われます。納豆を食べると薬の効果が無くなるため、ワーファリンを服用中の方は納豆がNGなんです。
しかし、最近処方できる様になったプラザキサという抗血栓薬は、ビタミンKによって作られた血糊の蛋白を直接ブロックするため、納豆を食べても大丈夫です。しかし、この薬も条件があり、「人工弁が入っておられる方」、「心臓弁膜症のある方」、「腎機能が落ちてられる方」には使用する事が出来ません。これらに方にはやはり、ワーファリンが必要です。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク