不整脈 手術 成功率

不整脈の手術の成功率ってどれくらい?

スポンサーリンク

大きく切開することなく行えるカテーテルアブレーション手術は身体に優しい手術です。
不整脈の治療には、薬物治療の他に、カテーテル治療、デバイス治療、外科手術による治療があり、不整脈の種類により、それぞれ適した治療法が選択されます。
カテーテル治療としては、頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーションが挙げられます。専用のアブレーションカテーテルと呼ばれる細い管を下肢や上肢の血管から挿入し、レントゲンで透視しながら、電気的に異常な部位を探し、カテーテル先端に接した患部に高周波による熱エネルギーを加えて電気的焼灼して、頻脈を根治する治療法です。上室性の頻脈性不整脈、心房細動 心室性の頻脈性不整脈、心室頻拍などの治療に対して行われます。一般的に翌日から歩行可能で、短期間の入院で大丈夫です。カテーテルアブレーション手術の成功率は90%以上と高いです。
カテーテルアブレーション手術が上手くいかない場合は、心房細動に対する手術(メイズ手術)と心室頻拍に対する手術などを行います。
スポンサーリンク

心房細動に対する手術(メイズ手術)
心房細動は心臓のリズムが不規則になる不整脈です。心房細動の原因は未だよく分からない部分もありますが、心房内に早い異常な電気的興奮が生じ、心室の脈も不規則になってしまうものです。心房細動になると、心臓の機能が低下し、脳梗塞などを併発し易くなります。心房細動の治療の目的は、規則正しい脈に回復させることにより心機能を回復させて、脳梗塞などの血栓塞栓症のリスクをなくすることにあります。
そこで開発されたのが、メイズ手術です。この手術のやり方と言うのは、心房内に生じる異常な電気伝導を遮断するのが目的ですので、心房の心筋を一時的に切って、再び縫い合わせると言うものです。しかし、心筋を一時的に切り、再び縫い合わせるのには時間がかかるため、出血のリスクが高いと言うのが問題でした。最近では、メスを入れるのではなく、高周波の電流で出血を防ぎながら心筋の変性壊死をおこさせ、時間の短縮と出血リスク両方を解決する事ができました。そのため、患者さんの身体に優しい安全な手術が行われるようになっています。
このメイズ手術は、70〜90%で心房細動を規則正しい脈に回復させることが出来るといわれています。現在、高周波デバイスの開発などもかなり進んでおり益々の進歩が期待されています。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク