不整脈 予防 食事

不整脈を予防するための食事って?

スポンサーリンク

不整脈は加齢と伴に若干は出てくるもので、健康な人でも一日のうち何回かは起こるものです。その中にも、放っておくと危険な不整脈と大丈夫な不整脈があります。
今回は、危険な不整脈にならないための食事について考えてみます。
大まかに食べたら良いものと、食べたらダメなものをあげますと、
食べたら良いもの        
1.自律神経を安定させるもの
2.ミネラルバランスを整えるもの
3.血液の質を良くするもの
4.血液循環を円滑にするもの
5.内分泌腺を整えるもの
食べたらダメなもの  
1.自律神経を不安定にするもの
2.ミネラルバランスを崩すもの
3.血液粘桐性(ねばり)を増すもの
4.貧血を招くもの
5.老廃物を増加させるもの
スポンサーリンク

不整脈予防の観点から具体的に摂取するべき物と控えたほうが良いものについて見ていきましょう。
不整脈の予防に悪い食べ物1、動物性脂肪
不整脈の予防に悪い食べ物として、肉、乳製品、ラード、などは、コレステロール値を上げる働きをするものが多く、不整脈を誘発する高コレステロール血症になる可能性が高くなります。
動物性脂肪を全く摂らないのもバランスの観点から問題ですが、極力控えて、肉を食べるときは、動物性脂肪を分解する野菜も一緒に摂るのがおススメです。    
整脈の予防に悪い食べ物2、砂糖
グラニュー糖、氷砂糖、果糖、ブドウ糖、オリゴ糖などの糖分を摂りすぎると、自律神経の乱れを誘発して、不整脈を起こすリスクを高めます。       
不整脈の予防に悪い食べ物3、お菓子、ジュース
不整脈の予防に悪い食べ物として、お菓子、アイスクリーム、チョコレート、清涼飲料も糖分をかなり含んでますので控えましょう。
また、チョコレートやコーラ、コーヒーにはカフェインが入っています。カフェインは不整脈を誘発する事は分かっていますので、控えた方が良いでしょう。
不整脈の予防に悪い食べ物4、塩分
塩分を摂りすぎると、体は塩分濃度を薄めるために、水分(汗・尿)の排出を抑えようと働きます。このとき、血液に水分を多く取り込もうとするため、血液量が増え、血圧が高くなります。
血圧の上昇は不整脈を起こす原因になります。ですので控えるのが良い荷です。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク