不整脈 心電図 異常なし

不整脈で心電図異常なしでも安心するな!!

スポンサーリンク

 

不整脈で心電図異常なしでも安心してはいけません。
心電図や通常の検査では、心臓の病変を完全には見つけられないというのが実際の様だからです。

 

健康診断や一般的な人間ドックによる検査は、心電図とレントゲン撮影によるものです。

 

これらは不整脈や心不全の診断には効果的なのですが、心臓の血管の状態を把握する事までは出来ません。

 

日本人の心筋梗塞における死亡率の30%は、前触れなしの発作での死亡です。
心筋梗塞などの疾患は、冠動脈(心臓に栄養を供給するための血管)に脂質(コレステロール)が沈着してプラークを形成し、血管が徐々に詰まっていく動脈硬化が原因です。

 

そのプラークが突然破裂した場合心筋梗塞に至ります。

 

また、脂質沈着、血管の狭窄、プラーク付着といった血管の動脈硬化による変化は、心電図と胸部レントゲンでの検査では把握する事は出来ません。

 

そこまで検査するには、MRIによる検査が必要になります。

 

MRIでは、磁石と電波を使って心臓の細かい断層写真を撮り、3Dで立体表示するものです。
スポンサーリンク

この方法によって血管の詰まり具合を比較的初期の段階から把握する事が出来るのです。

 

この検査はCTでも可能なのですが、X線による放射線被曝と副作用のリスクが高いヨード造影剤を使用しなければならないので、患者さんへの身体の負担を考えると、MRIは理想的なのです。

 

しかし一番のネックは、心臓のMRIを普通に行える医療機関はほとんどない事です。
現実的には、MRI検査は緊急性のある検査から優先的に使用されるため、予約をしたくても、医師の判断で必要と認められなければなりませんし、OKが出たとしても数か月待ちになるようです。

 

心臓は絶えず動いている臓器なので、検査の中でも画像診断の難しさは一番のようです。

 

さらに、心臓のMRIは1回撮るのに1時間ほどかかります。

 

MRI装置は非常に高額なため、検査の回転を良くしないと病院の経営に関わるのです。

 

ですから、狭心症や心筋梗塞が高い確率で疑われる場合を除いてMRI検査をうけるのは難しいのが現状です。

 

米・国立衛生研究所の統計によると、心筋梗塞の50%が最初の発作で死亡しています。

 

日本人は米国人に比べて心筋梗塞死が人種的な影響で少ないのですが、それでも約30%が最初の発作で亡くなっています。

 

心臓の血管は、50%程度詰まっていても、自覚症状がなく、心電図やレントゲンでは把握出来ないと言われています。

 

MRI検査の普及が望まれます。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

 

スポンサーリンク