不整脈 症状 チェック

不整脈って心配ですよね、症状をチェックしてみませんか?

 

不整脈ってどういう感じなの?
平常時の自分の規則正しい心拍以外に、特別になにもしてないのに平常時の半分くらいのリズムになる徐脈や、いつもより明らかに速くなる頻脈、あるいはなんらかのリズムの異常がみられるものを不整脈と呼んでいます。

 

スポンサーリンク

 

不整脈は緊急に対処しないと致命的状態になってしまうものや、放っておくと致命的な不整脈に移行しやすい危険なもの、あるいはそれほ緊急性がなく経過観察で済ませても大丈夫なものなど様々なものがあります。

 

これらは臨床的な意味合いでの分類ですが、異常の発生する場所による分類は、洞結節、心房、心室などに分けられますし、現れる症状により頻脈性、徐脈性などに分類できます。

 

発生する原因、刺激生成異常や伝導障害、トリガード・アクティビティなどによっても分類されます。

 

不整脈の原因になるものは?
不整脈になる一番の原因は心臓の疾患を除けば、加齢によるものです。

 

心臓は人間がお母さんのお腹の中にいる時から鼓動を打ち続けて天寿を全うするまで働き続けます。

 

考えてみると何事もないのがおかしいくらいです。

スポンサーリンク

 

次に多いのがストレスなど、心理てきな事が原因のものが多いですね。

 

あなたの不整脈度をチェックしてみましょう。
1、息切れすることがある。
2、ふらふらしたり、目まいがする事がある。
3、突然、胸がドキドキする事がある。
4、脈が飛ぶことがある。
5、胸が苦しくなる事がある。
6、胸が締め付けられる感じがする事がある。

 

上の項目の一つでも該当する場合は、不整脈の可能性があります。

 

可能性があるからと言って、それほど心配する必要はありませんが、もし気になるようなら一度、医療機関での検査をお勧めします。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

 

スポンサーリンク