不整脈 原因 カフェイン

不整脈の原因がカフェインにあるってコーヒーはだめなの?

スポンサーリンク

一般的な嗜好品の中でも、コーヒーは最もメジャーな飲み物ではないでしょうか?
朝の起きてすぐのコーヒーや、食後のコーヒーは美味しいものですし、ティータイムで飲むコーヒーも安らぎを与えてくれるものです。
煙草などに比べ健康を害するものではないという認識でのんでる人が多いのではないでしょうか?
しかし、コーヒーに多く含まれているカフェインが不整脈を引き起こす原因になっているのです。
不整脈の原因となるカフェインは、コーヒーに多く含まれています。
実は、コーヒーにはカフェインが多く含まれている事は、皆さんご存知かと思いますが、そのカフェインが不整脈の原因にもなっているのです。
カフェインは、睡眠を促すアデノシン受容体に対抗することによって覚醒作用(興奮状態)を起こします。カフェインの常用で血圧が4?13mmHgほど上昇する可能性も報告されています。
スポンサーリンク

これらの影響により、心臓が必要以上に活発になり不整脈を引き起こし易くなります。興奮作用により、不整脈の症状で心拍が異常に速くなる頻脈を誘発する事が分っています。
コーヒー以外にもカフェインを含む飲み物、食品があります。
チョコレートカフェインはもともとココアの実から発見された歴史があります。ですので、チョコレートにはコーヒーほどではありませんが、カフェインが含まれています。ブラックコーヒーとチョコレートは絶妙の組み合わせですが、不整脈には良くないようです。
ココア寒い夜に温かいココアって最高なんですが、1カップのココアには約9ミリグラムのカフェインが入ってます。コーヒーに比べればかなり少ないですが取り敢えずチェックしておきます。
その他の、緑茶、紅茶などには結構な量のカフェインが含まれています。ほどほどに楽しむのが一番いいようですね。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク