不整脈 病名一覧

不整脈を伴う病名一覧

スポンサーリンク

 

知っておこう!!不整脈とはどういうもの?
不整脈を簡単に説明すると、脈が異常に速くなる、あるいは遅くなる、脈が不規則になる。
などの状態を指します。

 

脈が速すぎることを「頻脈」

 

遅すぎることを「除脈」と呼びます。

 

徐脈とは、心臓の中で電気信号が発生できなくなったり、途中で途切れる事により起こります。

 

「洞不全症候群」や「房室ブロック」などが徐脈を引き起こす代表的な病気です。

 

頻脈とは、何らかの原因で、電気信号が異常に早くでる場合や、通常ではない電気の回路ができて電気信号の空回りが起こるときに発生します。

 

「心房細動」、「発作性上室性頻拍」、「心室頻拍」、「心室細動」、「WPW症候群」などが頻脈を引き起こす主な病気です。

 

期外収縮
通常の電気信号ができる場所以外のところから早めに電気信号が出るために起こる不整脈です。

 

電気信号のフライングのようなもので、フライング信号が心房から出る場合を「心房性期外収縮」、心室から出てしまう場合を「心室性期外収縮」と言います。

スポンサーリンク

不整脈を伴う病名一覧
今まで説明して来ましたように、心臓に疾患がある場合はもちろんですが、その他の病気が原因で不整脈を伴う場合があります。

 

不整脈の原因となる疾患を見てみましょう。

 

心臓弁膜症僧帽弁や大動脈弁、またはその他の弁に不具合が出ると、心室や心房が大きくなり電気信号の流れが乱れて不整脈が出る原因となります。

 

冠動脈疾患狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患は血管の病気ですが、血液が流れにくくなると心臓の筋肉や神経に障害が出て不整脈が起きすくなります。

 

心不全色々な原因で、心臓自体の機能が低下した状態でも不整脈が起きます。

 

心筋症心臓の筋肉自体が弱くなる病気で、悪化すると不整脈が増えます。

 

先天性心疾患生まれた時からの心臓の障害によっても不整脈が起きます。

 

ホルモン関係の疾患甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症などの病気でも不整脈が起きます。

 

肺の病気肺機能が低下すると、心臓に負担がかかり不整脈を誘発することもあります。肺がんなどの手術後も不整脈が頻発する事が知られています。

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?
家庭でお手軽心電計はこちらです。

スポンサーリンク