不整脈 治療 食事

不整脈の治療に良い食事とは?

スポンサーリンク

不整脈の原因は何でしょう。
年齢を重ねて行けば、働き者の心臓ですから少しくらいの不具合があってもおかしくありません。それが症状として出て来るのが不整脈です。ですから、不整脈は50代以降の高年期に多く診られ、女性以上に男性に多く見られる疾患です。不整脈は持病である心臓の病気から発症する場合もありますが、その多くは、生活習慣によって引き起こされますので、不整脈は生活習慣病の代表的な疾患なのです。生活習慣の乱れによる不整脈がおこる大きな原因は、自律神経の乱れとストレスです。他にもさまざまな原因がありますが、特に自律神経の乱れとストレスは、不整脈を起こす大きな要因と言われています。
生活習慣病であると言う事は、生活を改善すれば予防や治療に効果的とも言えます。特に食べ物は大きく影響します。
不整脈を招く悪い食事とは?
不整脈を招く自律神経の乱れを誘発する食べ物があります。それは砂糖やカフェイン入りの食べ物です。砂糖は、煮物やスイーツなどに必ず入っていますし、カフェインもまた、コーヒーや紅茶、緑茶などドリンク類に多く含まれています。
スポンサーリンク

そのため、砂糖やカフェインが入ったものを口にする機会がとっても多い現代の食事環境ですが、これらの食べ物を摂り過ぎてしまうと、自律神経が乱れ不整脈を引き起こす可能性が大きくなります。
砂糖控えた食事を心掛けたり、カフェインを含む飲み物を控える事で、自律神経の乱れを防ぎ、不整脈に少しでも気を使うべきです。
不整脈の治療、予防に良い食事とは?
不整脈に効果的な食事とは「ビタミンA」を含む食べ物を摂取する事です。例を上げれば、緑黄色野菜や乳製品などがあります。緑黄色野菜は、自律神経の乱れの改善には効果があると言われています。
ですから、カボチャやニンジン、ホウレン草などを積極的に摂って行きましょう。次に、ストレス対策に効果的な食べ物ですが、一般的にカルシウムが不足するとイライラの原因になると言われています。ですから、カルシュウムを多く含む食品を摂る事で解消できます。カルシュウムは魚、牛乳などに多く含まれていますが、それ以上にカルシュウムを多く含む食材はチーズ、干しエビなどです。
しかし、カルシュウムやビタミンAにこだわり過ぎると栄養バランスが偏ってしまいます。一番理想的なのは多くの食材をバランス良く摂取する事です。
禁煙、お酒は控えめにして腹八分目で行きましょう。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク