不整脈 原因 高齢者

高齢者の不整脈の原因と症状

スポンサーリンク

歳をとると健康な方でも不整脈が出てきます。これは、加齢による現象で長年働き続けてきた心臓ですから、少しくらいの不具合があってもおかしくはないでしょう。しかし、高齢者の場合、不整脈の原因が心臓疾患によるものが多い事が問題なんです。心臓疾患の主な物と言えば、心筋梗塞、狭心症、心不全などですが、それ以外にもその心臓疾患の治療薬の副作用が原因になっている事もあります。その他にもストレス、睡眠不足、過労などが原因で不整脈を引き起こす事もあります。不整脈を簡単に説明しますと、心臓の鼓動が速くなったり(1分間に100回以上)、遅くなったり(50回以下)とリズムが乱れるもので、自覚症状もその速い遅いに応じて違います。最も多い症状は、ドキドキと動悸が激しいという症状です。そのほかに、胸の痛みを感じたり、圧迫感を感じることもあります。このような症状は脈が速くなったり、乱れたりした場合に多いようです。逆に、脈が遅くなると、脳や身体の血液の循環が悪くなる事で、全身の倦怠感(けんたいかん)、めまい、ふらつきが診られます。時には意識を失う事もあります。しかし、自覚症状のまったくない場合も多く、たまたま自分で脈をみて乱れに気づいたり、健康診断で初めて見つかる場合も多いのです。
脈のリズムが乱れる不整脈には、その原因として、期外収縮(きがいしゅうしゅく)と心房細動(しんぼうさいどう)があります。
スポンサーリンク

期外収縮は、自分で脈を診た時に、何回かに1回脈が抜けることで気づく場合がよくあります。比較的軽症で治療の必要がない場合も多いのですが、心筋梗塞、心不全など心臓の持病がある人は注意が必要です。心房細動は、脈がバラバラになる不整脈で、自分で脈を診てみると脈が乱れている、もしくはうまく脈が測れないという場合が多いようです。不整脈の患者さんは加齢に伴い増加します。それ自体は命に関わることはありませんが、心臓のなかに血の塊ができて脳梗塞を起こしやすくなるため、血をサラサラにする薬をのんで脳梗塞の予防をする必要があります。脈が速くなる不整脈には、発作性頻拍症(ほっさせいひんぱくしょう)があります。発作が急にでてくるもので、突然ドキドキし始めますが、また突然に正常にもどります。命に関わることは少ないのですが、自覚症状がハッキリしているため、不安になる人も多いようですが、不整脈の薬を服用することで予防できます。 脈が遅くなる不整脈としては、洞不全(どうふぜん)症候群、房室(ぼうしつ)ブロックがあります。1分間の脈拍が40回以下になったり、5秒くらい停止してしまうこともあります。この時、脳に行く血流も停止しするため、めまいやふらつき、ひどいときには、意識を失います。対症療法としては、脈拍のリズムを安定させるペースメーカーという小さい機械を体に入れる簡単な手術をします。
胸の自覚症状があった場合には循環器科、もしくは不整脈専門の外来を受診することをすすめます。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク