不整脈 運動制限

不整脈における運動制限について

スポンサーリンク

不整脈とは、脈がゆっくり打つ、速く打つ、または不規則に打つ状態を指し、脈が1分間に50以下の場合を徐脈、100以上の場合を頻脈といいます。不整脈には病気に原因があるものと、生理的なものがあります。たとえば運動や精神的興奮、発熱により脈が速くなりますが、これは一般的に、だれにでも起こる生理的な頻脈といえますので、この場合は大丈夫です。また脈が不規則になるものの中に期外収縮があります。これは30歳を超える人全員に診られるものです。年齢と比例して増加しますが、期外収縮の数が少ない場合は生理的な不整脈と言っても良いでしょう。一般的に脈拍が1分間に40以下になると、徐脈による息切れや、めまいなどの症状が出やすくなります。また、身体もそんなに動かしてないのに、突然脈拍が120以上になる場合は病的な頻脈の可能性があります。頻脈になると動悸(どうき)や息切れのほかに、時に胸痛やめまい、失神といった症状が出ることがあります。また3つに1つ、5つに1つといったように、時々脈が飛ぶ場合は期外収縮の可能性があります。
スポンサーリンク

このような症状の場合は、運動も制限しなければならなくなります。運動は体の健康維持には欠かせないものですが、心臓には大きく負担がかかってしまいます。急激に血液の流れが増えて血圧も高くなるからです。運動をする事はいい事のように思えますが、このように心臓にとっては、悪い面もあります。
特に不整脈などの心臓の病気を持っている方は、運動には気をつけなければいけません。不整脈の治療の1つとして運動制限があります。不整脈にもかかわらずキツイ運動をしてしまうと、心臓が負担を感じて不整脈の症状は悪化する場合があります。どのようなスポーツ、運動がよくないのかは自分では判断出来ないものです。また症状の重さや年齢によっても運動の負荷は違ったものになります。循環器系の専門の医師に詳しく聞いて判断しなければならないでしょう。運動中に不整脈から症状が悪化し、突然死するケースも増えていますので十分に気をつけましょう。

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク