不整脈 症状 原因 対処法

不整脈の症状と原因、対処法は?

 

不整脈とはどんな病気なの?

不整脈とは、脈がゆっくり打つ、速く打つ、または不規則に打つ状態の事を言います。
脈が1分間に50以下の場合を徐脈、100以上の場合を頻脈と言います。

 

スポンサーリンク

 

不整脈には心臓の病気などに由来するものと、自然に心拍数が上がる生理的なものがあります。
たとえば運動や精神的興奮、発熱により脈が速くなる事がありますが、これは一般的に起こる生理的な頻脈といえます。

 

また脈が不規則になるものの中に期外収縮と言うのがありますが、これは30歳を超える人みんなに出て来るようになります。
年をとるにつれて増加します。

 

一般に脈拍が1分間に40以下になると、徐脈による息切れや、めまいなどの症状が出やすくなります。
一方、特別に心拍数の上がるような事はしてないのに、突然脈拍が120以上になる場合は病的な頻脈の可能性があると言えます。

 

頻脈になると動悸や息切れのほかに、時には胸痛やめまい、ひどい場合は、失神といった症状が出ることがあります。
時々脈が飛ぶ場合は期外収縮の可能性があります。

 

なぜ不整脈が起こるのか

不整脈は心臓が悪いから起こるのかというと、実は必ずしもそうではありません。
不整脈は血管が詰まるから起きるのだと思われている方もいますがそうではありません。

 

心筋梗塞や狭心症は心臓の血管の病気です。

 

一方、不整脈は言わば電気系統の故障の様なものですので、基本的には別の病気です。
不整脈の原因として最も多いのは、加齢に伴うものや、体質的なものです。
つまり心臓病には関係しないものです。

スポンサーリンク

1日または2日にわたって心電図を記録してみると、中年以上ではほとんどの人に、毎日1〜2個は不整脈が見つかります。
加齢とともに、だれでも少しずつ不整脈が増えていきます。

 

ストレス、睡眠不足、疲労などが原因で不整脈は起こりやすくなります。
このような不整脈は、だれにでも起こりうるものだと言えるでしょう。

 

働き者の心臓は1日約10万回、収縮と拡張を繰り返して身体全体に血液を送り続けています。
たまには、規則正しくない刺激で不規則な収縮が起こる場合もあるのです。

 

とくに検診で不整脈だけ見つかった場合は、病気とは関係のない不整脈である場合がほとんどです。
しかし、すでに心臓の病気があると、二次的に電気系統の異常が生じて、不整脈が出やすくなるのも事実です。

 

弁膜症になると、心房や心室が大きくなって電気の流れがおかしくなり、脈が乱れやすくなります。

 

高血圧の人、肺に病気がある人、甲状腺に異常がある人も不整脈が出やすいのです。

 

 

不整脈はコントロールできる病気です

最近では、不整脈の治療法はめざましく進歩し、今ではほとんどが治せるようになっています。
徐脈の人の場合は「ペースメーカー」を体内に取りつけることで、健康な人と変わらない生活ができるようになりました。

 

ペースメーカーは遅くなった自分の脈(電気の流れ)の代わりに、心臓の外から電気刺激を与える装置です。
局所麻酔で簡単に装着することができます。

 

頻脈には「カテーテルアブレーション」という方法が開発され、手術せずに治せるようになりました。

 

細い管(カテーテル)を足の血管から入れて、その先端から高周波を流し、頻脈の原因になっている心臓の筋肉の一部を焼くことによって不整脈を起こさないようにします。
このように、不整脈はしっかり対処すれば大丈夫な病気になっています。

 

 

不整脈が気になったらコチラ

 

速報前田 健(マエケン)が倒れた危険な不整脈とは?

スポンサーリンク